倒れるまでやれ・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ソチオリンピックフィギュアの浅田真央選手・6位入賞は、多くの人たちに感動を与えてくれました。

あのSP16位のどん底から救ったのは、バンクーバー五輪後の10年9月から指導する佐藤信夫コーチの「カミナリ」だったとのこと。

真央選手はショックでうまく眠れず、フリーの朝練習に遅刻したそうです。

さえない顔の真央選手を呼び止め、佐藤コーチは雷を落としたのだとか。

「SP70点、フリー140点と考えたら、まだ試合は3分の1しか終わってない。気合を入れなさい!」

選手村に帰った後は、自分の教え子だった80年レークプラシッド五輪男子代表の松村充さんの話をしたそうです。

松村さんは試合中にへんとうが腫れて2日間寝込んだとのことですが、佐藤コーチに「ぶっ倒れたらみんなで助けに行ってやる。倒れるまでやれ」と励まされ、自己最高の8位に入ったとのこと。

真央選手にも「今まで練習してきたことを信じれば大丈夫。気合を入れていけ。何かあったら助けに行く」と言ったんだそうです。

真央選手はその言葉で不安が吹き飛び、戦う意欲を取り戻すと、試合前は勝利を願い、赤飯を食べて出陣したとのこと。

ひれがあの自己ベストのフリーとなったわけですね。


ソチ五輪フィギュアスケート女子で6位入賞し、多くの国民を感動させた浅田真央選手に対し、恩師などがねぎらいの言葉と共に、現役続行を希望する声を寄せているそうです。

●真央選手のジャンプを中学生のころから研究してきた中京大の湯浅景元教授

   ・・・・・・「女子は筋力、気力ともこれから上がってくる。引退はもったいない。帰国したら、(現役続行の)話をしたい」

●真央選手をバレエで指導したロシア人コーチのワディム・ソロマハさん

   ・・・・・・「かける言葉は『オメデトウしかない』。メダルとか関係ないよ。私の前で見せていた完璧な演技ができていた」
        「もし引退ならもったいないね。表現力でまだまだ改善の余地がある。伸びるの、これからダヨ」
       

●3歳からバレエを指導している「越智インターナショナルバレエ」の越智さん

   ・・・・・・「簡単には言えないけど、流れるような美しい姿を見ると『まだまだできる』と思いますよね」


真央選手、メダルには届きませんでしたがフリーの演技は世界一でしたね。

本当に感動をありがとう!!!!!!!

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま~~す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamanobo-zeirishi.jp/mt/mt-tb.cgi/5444

コメントする