「まだ」と「もう」の違い・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

それは事実なの?意見なの?

事実か意見かが実に曖昧なことがよくある、そのために思わぬ誤解を生じトラブルに発展することもアル・・・と言う記事が今日届いた冊子「テレコム・フォーラム」に掲載されていました。

辞書的に答えれば、「事実」とは、実際にあったことがらとしてだれもがみとめること。
これに対して「意見」とは、ある問題についての個人の考え。

具体的な事例が書かれていました。

・・・酒好きのAさんのボトルには、いまちょうど半分残っています。これは 事実です。
「先日あけた秋田の地酒があったよなあ」とAさんが布陣に訊きます。夫人が答えます。「ええ、まだ半分はあると思いますよ」。「まだ半分」というのは夫人の意見です。同じ質問に、Aさん以上に酒好きの息子のBさんはこう答えます。「もう半分しか残ってないよ」。この「もう半分しか」というのはBさんの意見です。半分残っているという同じ自室を伝えるのに、ひと言、違う副詞が付くことで、別の意味を持った意見になります・・・


事実はどうなのか・・が最も大事。

また、「もう」と「まだ」は全くの意味になるケースも。

「まだ半分もある・・・」は、ポジティブの意味合い

「もう半分しかない ・・・」は、ネガティブな意味合い

ですよね。

事実は事実としてとらえ、常にポジティブで何事も捕らえられたらいいですよね・・・。

その方が人生を成功に導くと、西田文郎先生が語っておられたのを思い出し多次第。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま~~す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamanobo-zeirishi.jp/mt/mt-tb.cgi/5633

コメントする