相手の靴をはく・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

10月30日の職場の教養から。

タイトルは「相手の靴をはく」。

相手の立場に立ってるという意味です。

サイズも好みも違う靴をはくのですから、ことらから相手に合わせていく必要があるという解説です。

相手の靴をはくように、お客様の立場に立って、要望に応えられる仕事をしていきたいものです。


その原文です。

・・・・・お店には、多くのお客様がやって来ます。

「一人の客の後ろに、百の客あり」といわれるように、良くも悪くも、評判はあっという間に伝わるものです。

その評判を左右するのは、接客態度によるものが大きいでしょう。

接客は「いらっしゃいませ」から始まり、「ありがとうございました」で終わります。

この挨拶一つをとっても、真心がこもっていなければ、お客様には通じないでしょう。

〈数あるお店の中から、 この店を選んでくださってありがとうございます〉

という感謝を込めて、接客することが大切です。

「相手の靴をはく」という諺があります。

相手の立場に立ってみるという意味です。

相手の靴をはくには、先に自分の靴を脱がねばなりません。

サイズも好みも違う靴をはくのですから、こちらから相手に合わせていく必要があります。

相手の靴をはくように、お客様の立場に立って、要望に応えられる仕事をしていきましょう・・・・・

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま~~す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamanobo-zeirishi.jp/mt/mt-tb.cgi/5699

コメントする