討論ではなく、和談で・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日購入したある本を繰り返し読んでいます。

会社内でのアセスメントでもっとも大事にしているのは"和談"とのこと。

いくらアセスメントをしても"討論"をしていては業績は上がらないと言う解説が書かれていました。

和談は、
①相互関係・・・歩み寄り同じ方向を向き、互いにたかめ合う。

②立場・・・互恵・共同的

③行動・・・気づきを出し合う

④精神姿勢・・・探求・向上精神、学ぶ姿勢

⑤注意の対象・・・得るべきもの・長所に目を向ける

⑥反応姿勢・・・「な-るほど!」「それもあるね!」「驚いた!それは知らなかった」

⑦発言の質・・・気づき、体験・相当例・質問

⑧結果・・・発見・成長、気づき合い

⑨効果・・・認識の進歩が得られやすい、勢いが増し加速する→エンパワーメント

とのこと。

討論は、この逆の結果とのこと。

和談で業績アップをすすめたいものですね!

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま~~す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamanobo-zeirishi.jp/mt/mt-tb.cgi/5754

コメントする