自然から学ぶ・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

次は、先日届いたあるメルマガです。


・・・・・世界最古の企業は日本の企業である。

578年に創業された『金剛組』だ。

聖徳太子が生きていた時代から続いているというから驚く。

四天王寺の建立のため、百済から招かれた3人の宮大工。

工匠たちを招いたのは、他ならぬ聖徳太子であったという。

聖徳太子は、仏教と同じように、匠も受け入れたのである。

和の精神には、優れしものを受け入れる心の広さがある。

釘などの金物に頼らず、伝統的な技法を駆使する宮大工は、大工を志す者にとっては花形の仕事であろう。

金剛組で最も腕の良い宮大工のかんな使いは、ティッシュペーパーの3分の1の薄さで木を削るという。

平面の図面から立体感覚を描く彼らの仕事には一寸の狂いもない。

匠の技は、人間の能力がいかに素晴らしいかを感じさせる。

その素晴らしい能力は、本来、人間なら誰でも備えている。

その素晴らしさをどうやって引き出すのかが重要なのである。

それぞれ違った環境で育った木は、本来あるべき場所で100%の力を出すようだ。

文字どおり適材適所である。

工匠たちは、木の癖や素性を見抜く力を徹底的に叩き込まれる。

木と会話することができるかどうか、活かしきれるかどうか。

先を見通す目と心が、数百年の風雪に耐える建物を生む。

日本人が誇るべき先駆者の技を後世に伝える匠たち。

そこには、自然から学べる心の修養もあるだろう。

心の修養をし、謙虚に自然から学びたいものである・・・・・


世界最古の企業が日本の企業だったことは驚きですね。

大いに、自然から学ばせていただくことは多いですね。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま~~す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamanobo-zeirishi.jp/mt/mt-tb.cgi/5814

コメントする