税制改正案可決成立・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

入社式や入学式等いろいろな出逢いの多い月であります。


昨日、平成27年度の税制改正関連法案が、参議院本会議で、賛成多数で可決され成立しました。

新年度の税制改正では、現在、全国標準で34.62%となっている法人税の実効税率を、新年度に今より2.51%下げるのに続いて、次の平成28年度には今より3.29%引き下げるという内容。

親や祖父母が子や孫に住宅資金を援助した場合、贈与税を非課税とする措置を平成31年6月末まで延長し、このうち来年10月から1年間は非課税枠を最大3000万円に拡大。

結婚や出産、子育てなどの資金を援助した場合も1000万円まで非課税とする措置を新たに設けられました。

最大の関心事である消費税については。税率が10%への引き上げを再来年4月まで1年半延期することも決定。

今回は、経済情勢によっては増税を見送ることができるとした、いわゆる「景気弾力条項」は法律から削除されています。

増税後の景気への影響が気になります・・・。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま~~す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamanobo-zeirishi.jp/mt/mt-tb.cgi/5849

コメントする