小が大に勝つことは工夫次第・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

統計によると、我が国にはおよそ386万社の企業があり、うち大企業はわずか0.3%の1.1万社、あとの99.7%は中小企業が占めているのが現状。

その中小企業の内訳として、小規模事業者は86.5%の334.3万社、中規模企業は13.2%の51.0万社。

売上高の比率をみると、大企業が56%、中小企業は44%という状況のようです。


その中小企業において、平成27年度の中小企業白書では、企業業績の二極化が拡大しているそうです。

経常利益率で上位25%の会社と、下位25%の会社との差を比較すると、年をおうごとにその差は拡大。

企業間格差が広がっているとはいえ、それが企業規模とは不一致である、という事実のようです。

小が大に勝つことは工夫次第で十分可能ということのようです。


企業は規模の大小では無く、やはり目標経営の必要さではないでしょうか。

明確な経営目標を持って行動し、自社を永続発展させていきたいものですね。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま~~す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamanobo-zeirishi.jp/mt/mt-tb.cgi/6034

コメントする