下町ロケット・名言・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

日曜の夜のテレビ番組「下町ロケット」の視聴率が好調です。

初回16・1%、第2話17・8%、第3話18・6%・第4話17.1%と推移とすいいしているとのこと。

全4回ともリアルタイムで見ています。

台詞の名言が週刊誌でも取り上げられているほど。

ネットで、その名言がいくつか掲載されていましたので紹介いたします。


第1話

私の裁判での勝率はご存じですか。8割です。残りの2割は勝訴に限りなく近い和解です。なぜだと思いますが。負ける裁判をしないからです。

社長、あなたは夢に愛されている。だから、逃げ舎いけない。お願いだからあきらめないでください。
銀行員の端くれとして何百の会社をみてきた。佃製作所は良い会社です。守りたいんだ。

どんな難問にも必ず答えがある。みんなの力を・・・どうか貸してほしい。


第2話

私が今日、娘のことで喜びを感じたのは、特許のおかげじゃない。
このシワをどうやったらもっと簡単にのばせるか・・・ただそれだけを思ってアイロンを作り上げた技術者の思いがあったから。
そういう技術者の思いを守るために特許があるのに。それに振り回されて、金のことしか考えられなくなった、そこに技術の進歩はありません。

たとえこの裁判に負けたとしても、ナカシマに特許を奪われたとしても、屁でもありません。
培ってきた技術力だけは奪えない。 正義は我にありだ。


第3話

誰よりも体張って、リスク背負って、本気で夢を叶えようとしているんです。そんな社長の下で一緒に物作りができて良かった。

難問にもかならず答えがある。挑戦すれば必ず答えは出せる、私はそう信じているんです。


第4話

一枚のポスターが、私の悩みを吹き飛ばせてくれました。
「佃品質・佃プライド」あれを見たとき私は、正直震えました。

隠そうとは思いません。会社を経営していれば、業績のいいときも悪いときもあります。これだけは断言できます。うちの財務諸表の記載されている数字は正しい。良ければよいなりに悪ければ悪いなりに。会社の本当の姿を写す、そういう経営を目指してきました。


第5話がたのしみです・・・。



◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま~~す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamanobo-zeirishi.jp/mt/mt-tb.cgi/6073

コメントする