« 2007年11月 | メイン | 2008年01月 »

2007年12月 アーカイブ

2007年12月05日

「釘とかなづち」「ほうきとちりとり」

 少し前にある方(職人さんです)のブログで「釘持ってきて!」って言われたらどうする?との問いがありました。タイトルでお気づきのように、「釘」だけ持っていくのは片手落ちの見習だそうです。正解は「釘とかなづち」を持っていくだそうです。
 所内で、へぇーなんて話をしていたら、私は「ほうき持ってきて!」と言われたら「ほうきとちりとり」を持ってくるように教えられたとあるスタッフが言いました。なるほど!!!ですね。 ミヤモト

2007年12月07日

大掃除

 昨日、当事務所では師走の一足早い大掃除をしました。例年、年末調整の繁忙時期に入る前にやっております。今年も事務所の天井や床、窓ガラス等がピカピカになりもした。私自身、毎年身の回りの整理のみならず、心の整理整頓、大掃除を心がけております。気持ちも整理整頓したところで、あとわずかな2007年を有意義に過ごしたいと思います。   星野

今日は忘年会!!

 今日はこれから忘年会に参加させていただきます。
今年一年良かったことも悪かったこともありましたが、今日はこれらのことを
忘れて思いっきり楽しみたい(お酒はほどほどで)と思います。
                                 わくい

2007年12月11日

一寸法師理論

 先ほど、加茂商工会議所での田中真澄氏講演会で、またまたパワーをいただいて帰ってまいりました。
 凡人が成功するための秘訣・哲学、これから生きていく上で大切な人生観・仕事観・能力観、必ず成功するための必要要素は、早起き・笑顔・歩くこと・あいさつ・返事等々であること・・・あの限られた短い時間の中で、これだけ盛りだくさんの内容をお話しいただけるなんて、本当にこんな機会を与えていただいた全ての皆様に、感謝感謝です。
 また、学生時代に聞いたまま忘れかけていたものを思い出させていただいたものがあります。田中先生は講演のなかで、弱者でも強者に負けない、弱者の戦略がある。それは、一寸法師が針の刀で鬼を退治したように、自分の得意とするものを一点集中でコツコツやり抜くことだ・・・まさしく、私が大原簿記の理事長から教わった「一寸法師理論」でした。一度にあれもこれも勉強・吸収するのがとても苦手だった私は、この言葉に本当に何度も助けられて乗り越えてこられたような氣がします。
 また明日から、笑顔と陽転言葉を忘れずに、日々コツコツと頑張りたいと思います。
                               西丸保幸

2007年12月14日

誠実な対応

 所長も別なスタッフもブログに書きましたが、ちょうど一週間前当社の忘年会でした。週末ということもあって、帰るとき代行が一時間待ちになってしまっていたので、早めにお願いしておき予約の時間にエンジンをかけて待っていました。ところが最後の私の一台だけが、約束の時間から30分経っても40分経っても来ませんでした。さすがにおかしいと思い電話を入れると、「えっ行っていませんか!?・・・」それからさらに待つこと20分ようやく来ました。
 運転手さんは言い訳することなく、申し訳なさそうに何度も何度も丁寧にお詫びをしてくれました。会社という組織を代表しているから当然なのかもしれませんが、きっとその運転手さんがミスをして私が待つことになったわけではないと思うと、こちらが恐縮するほどでした。失敗をしないことにこしたことはありませんが、そういった時にこそ、その会社やその人の真価が問われると改めて考えさせられる出来事でした。   ミヤモト

2007年12月18日

ワーキングプア

 先日、NHKの番組で「ワーキングプア」について特集をやっておりました。
働いても働いても豊かになれない貧困層。小さい頃、両親の離婚が原因で何もかもが信じられなくなり、心を閉ざしたまま大人になったある一人の青年について、つい見入ってしまいました。ゴミ箱から捨てられた雑誌を売って日銭を得ていた頃、自分は人との関わりを全く持っていなかった・・・何もかもが信じられなかった・・・・
 今は仲間と一緒に市からの清掃作業の委託を受け、月7万円を稼ぐこともあるという。道行く人から「今日もご苦労様!」と声を掛けられることもよくある。そんな時、自分は一人ではないんだと実感したそうです。その時の彼の目からは涙が流れておりました。
 私たちが目指す社会のあり方とは何か?そんなことを考えさせられる時間でした。  星野

2007年12月19日

安全運転

最近夕方に交通事故が頻発しているように感じます。日が落ちるのが早くなったことが原因の一つに上げられるのではないでしょうか。 早めのライト点灯はもちろんのこと、「だろう運転」の考えを捨て、「もしかしたら運転」を心がけて、周りにやさしい運転をしていきたいと思います。

                                            わくい

2007年12月21日

電気と元気

先日、銀行を数店回ったとき、ふと思ったことです。
店内の電気が明るい(手入れされている)ところは、挨拶も元気があり、銀行員に活気がありました。
店内の電気が暗い(電球が古い、掃除されていない)所は、どことなく元気も少なく、声も小さかった気がしました。
どちらに行きたいかと聞かれると、前者を選ぶ人がほどんどでしょう。
本来の業務である銀行としてのサービスはそれほど違いがあるとは思えませんが、本来の業務以外の所で大きな差が出てしまっています。
仕事に関係無いことであっても、小さな心配りの積み重ねが大事だと思った次第です。
桑原

2007年12月22日

あっという間に・・・

 今年も残すところ、あと僅かとなってしまいました。いつの間に・・・(汗)
 午後から所長とお客様のところへ訪問した際にも感じたのですが、峠を走っていても、脇には全く雪もなく・・・いまいち、年末といった認識に乏しい状態なのは、私だけでしょうか?まぁ、さすがに来週は年末調整その他で、否が応でも年末気分を味わう事になると思いますけれど・・・(苦笑)
 とにもかくにも、仕事の面でも、氣持ちの面でも、今年にやり残しのないように、氣を引き締めて最終日まで頑張りたいと思います。      西丸保幸
 

About 2007年12月

2007年12月にブログ「縁側日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。