「中小企業金融円滑化法」が本日成立。
再来年3月までの時限立法で、年内に施行されるとのこと。
実効性を確保するため、貸し出し条件の変更に応じたかどうかの実績をホームページなどで開示することが金融機関に義務づけられそうであります。
金融庁は、金融機関を検査する際の手引きとなる金融検査マニュアルを見直して、財務の健全性だけでなく中小企業に対し積極的に相談に応じているかなど、金融機関の姿勢についても検査し、中小企業への貸し出しを促すことにしています。
この制度が単なる借入金の返済繰り延べだけで企業の延命だけに終わらないようにしてもらいたいものです。
3年間の返済猶予期間に収益性アップを図る革新的経営を行う計画を立案し実行し再生することこそがこの新法の真の目的と考えます。
金融機関も中小企業を再生するための積極的な支援が望まれるところであります。
金融円滑化のためのチェックリストを見つけました。
ぜひ、トライしてみてください!
本日来期の経営計画構築のために来所いただいたM社長様もぜひ一度やってみてはいかがですか。
自身の今後の行動が計画になりますよ。
https://www.jicpa.or.jp/businesses/
★★★ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を★★★
≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif

こちらの関連記事もおすすめです!