17日はピアノの発表会でした。
娘は3歳から音楽教室に通い、小学校から本格的にピアノを習っています。
娘はピアノが大好きで、幼稚園や小学校から帰ると真っ先にピアノを弾くような子供でした。『好きこそ物の上手なれ』ということわざがありますが、どんどん上達し将来はピアニスト?と思うほどでした。親ばかですみません(^_^;)。
中学入学以降は部活や勉強で忙しくなりピアノを弾く時間も減り、将来の夢もピアニストではなくなりました。
4月から高校3年生になり、来年は大学受験。ピアノも暫しお休みです。
最後の発表会、弾いた曲は「愛の夢」。誰もがきっと聴いたことのある曲です。最後だと思うと感慨深く、涙があふれました。
演奏後、娘の演奏を聴いた何人かの方から『すばらしかった』と声をかけていただき、本人よりも私の方がうれしかったです。
『素敵な思い出、素敵な音楽をありがとう』と娘には感謝の気持ちでいっぱいです。
                      吉村みゆき

こちらの関連記事もおすすめです!