皆さんは”いのちのアサガオ”をご存知ですか?
 先日、お客様に”いのちのアサガオ”をいただきました。
 
 ”いのちのアサガオ”とは,平成5年に白血病のため7才で亡くなった新潟県中条町(現胎内市)出身の丹後光祐君が,約3ヶ月間だけ通った小学校で大事に育てていた”アサガオ”だそうです。
光祐君のおかあさんが,そのアサガオを育て続け,「アサガオが親善大使となって,命の尊さ,白血病に苦しむ人がいることを知って欲しい」ことを願って,多くの小中学校などにくばられていて、今では全国各地で花を咲かせているそうです。
 いただいてさっそく植えてみましたが、他のアサガオよりもビックリするぐらい葉っぱが大きくて、とてもたくましいアサガオです。
 光祐君が亡くなって20年経ちますが、未だに全国へ広がっているんだなぁと思うとなんだか心が温まります。
 
 当事務所でも光祐君のおかあさんの想いを引き継いでアサガオを大切に育てて、種がとれたらまたお知り合いの方々に配り、もっと命のアサガオのことを知っていただこうと思います。
 内山 綾香
%CC%BF%A4%CE%A5%A2%A5%B5%A5%AC%A5%AA.JPG

こちらの関連記事もおすすめです!