連日の猛暑もあり、この時期気をつけたいのが、水難事故です。
万が一事故に遭遇した場合の合い言葉が「ういてまて」だそうです。
無理に声を出して助けを呼んだり、手を振ったりしてしまうと体力の消耗や、肺の空気が抜けて体が沈んでしまうため、焦らず呼吸を確保しながら仰向けの姿勢を保つことで生存率が大幅に上がるとのことでした。
事故に合わないような管理が一番大切ですが、万が一のために「浮いて待て」を頭の片隅に置いておきたいと思います。

吉田 智哉

こちらの関連記事もおすすめです!