会話の中で、何気なく発した言葉が相手をひどく傷つけてしまうことがあります。その一言でチームワークが乱れたり、上下関係に亀裂が入ったり・・・
 特に人格を否定する言葉、たとえば「役立たず」「バカじゃないの」等々の言葉は相手の心を傷つけてしまいます。後輩や目下の人を叱るときは叱られる側の心の容量を量り最新の心配りをしたいものです。(今日の職場の教養より)
「一つ注意したら一つ褒める」ことを心がけお互いに成長しあいたいものですね。(子供に対しても同様です。)  星野

こちらの関連記事もおすすめです!