私は、金子みすゞさんの詩が好きです。いくつか好きな詩があるのですが、「星とたんぽぽ」という詩には「はっ」とさせられました。
      「星とたんぽぽ」
    
         青いお空のそこふかく、
        海の小石のそのように、
        夜がくるまでしずんでる、
        昼のお星はめにみえぬ。
            見えぬけれどもあるんだよ、
            見えぬものでもあるんだよ。
        ちってすがれたたんぽぽの、
        かわらのすきにだァまって、
        春のくるまでかくれてる、
        つよいその根はめにみえぬ。
            見えぬけれどもあるんだよ、
            見えぬものでもあるんだよ。
眼には見えないけれどたいせつなものに気づくことのできる、そんな感性を持ちたいと思います。本当にたいせつなものは、眼には見えないのかもしれませんね。
今日で6月が終わりました。あっという間に1年の半分が過ぎてしまいました。折り返し地点、自分の目標がどれくらい達成できているか見つめ直し、後半戦がんばります!!
                                               山口 幸子

こちらの関連記事もおすすめです!