東日本大震災から今日で丸9年を迎えます。あの日、テレビから流れてきた濁流の映像が今も忘れられません。多くの尊い命が奪われてしまいました。
ボランティアとして被災地支援を行った人、募金活動で支援した人、災害への意識を高めた人等、自分のできることで被災地への思いをカタチにしたことでしょう。

今、コロナウィルスで大変な騒ぎになっています。行事の自粛、学校の休校、知らないことに対する不安、本当に自分には何ができるのか考えてしまいます。不安のことはたくさんありますが、まずは自分のできること、手洗いうがい、十分な睡眠、食事で免疫力を落とさないようにしていきたいです。そして、何事に対しても自分には何ができるか、自分だったらどうするか、わが事として当たる習慣を身につけたいと思います。               

山口 幸子

こちらの関連記事もおすすめです!