苦悩とは飛躍
米大リーグ・マリナーズのイチロー選手が今シーズン初出場となった本日の試合で
日米通算3085安打を達成し張本勲氏がもつ日本プロ野球記録に並ぶという偉業を達成!
それも胃潰瘍のため開幕8試合を欠場していたとは思えないほどの満塁ホームランで!
○イチローのコメント・・・。
「張本さんが見ている前で並ぶことができ、気持ちよかったです」
○長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督のコメント・・・
「スーパースターは、ファンのどんな無理な注文にも答えを出さないといけない。イチロー君がかっこいいのは、その難しい課題をクールに達成することだ。さすがです。脱帽、拍手です」
○イチロー選手の父親・鈴木宣之氏・・・
「あの子の中に神様が入ってきたようで神懸かり的だ」
○イチロー選手のばっとを17年間手がけてきた久保田五十一氏・・・
「50年間で一番うれしい瞬間だった。こういうお客さんに巡り会えて最高に幸せ」
イチロー選手の過去の名言を調べたサイトがありましたので、その一部を抜粋して紹介いたします。
①『今自分にできること。頑張ればできそうなこと。そういうことを積み重ねていかないと、遠くの大きな目標は近づいてこない・・・』
②『小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています・・・』
③『結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる・・・』
④『僕はいつも一生懸命プレーしていますが、今日はよい結果が出なかった。でも、だからといって後悔もしていないし、恥ずかしいとも思っていません。なぜなら、できる限りの努力をしたからです・・・』
⑤『自分のできることをとことんやってきたという意識があるかないか。それを実践してきた自分がいること、継続できたこと、そこに誇りを持つべきだ・・・』
⑥『練習で100%自分を作らないと、打席に立つことは出来ません。自分の形を見付けておかないと、どん底まで突き落とされます・・・』
⑦『やれることはすべてやったし、手を抜いたことはありません。常にやれることをやろうとした自分がいたこと、それに対して、準備した自分がいたことを誇りに思っています・・・』
⑧『自分が全く予想しない球が来たときに、どう対応するか。それが大事です。試合では打ちたい球は来ない。好きな球を待っていたのでは終わってしまいます・・・』
⑨『苦悩というものは前進したいって思いがあってそれを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。だから苦悩とは飛躍なんです・・・』
⑩『積み重ねていかないと、遠くの大きな目標は近づいてこない・・・』
⑪『今自分がやっていることが好きであるかどうか・・・』
⑫『僕は決して“打率4割”とは言わないんです。6割の失敗は許してやるわ、と。いつもそう言っているんです・・・』
⑬『進化する時ってカタチはあんまり変らない。見えないところが変っている・・・』
等々。
一言一言に裏付けされた経験が見え隠れするものばかりですね。
来る4月25日(土)に、西田文郎セミナー「ツキと運を身につける成功セミナー」を開催いたします。
どなたでもふるってご参加を!!
詳しくは、下記アドレスをクリック
http://www.yamanobo-zeirishi.jp/new/
◎●◎このブログを書く励みになりますので、是非・是非ご協力ください◎●◎
≪ブログランキングに参加していま〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑のマークを1日1回クリックを!!≫
banner_04.gif

こちらの関連記事もおすすめです!