先日のNHK「ためしてガッテン」はコレステロールについてでした。皆さんも健康診断などで、検査結果を見るとき結構“コレステロールの値”って気にされませんか?お年頃になった私も年々上がっていくと、ちょっと、ちょっと…と気になってしまいます。

検査結果には「総コレステロール」や「HDL(善玉)コレステロール」「LDL(悪玉)コレステロール」などの記載があると思います。実はこの「善玉」と「悪玉」の数値を足しても「総コレステロール」にはならなくて、その差の数値の多くは「レムナントコレステロール」と言う動脈硬化を引き起こす大きな要因となることが最近の研究でわかってきたそうです。わたしは、今まで足してみたこともありませんでしたが。

総コレステロールの数値からHDL(善玉)コレステロールの数値を引いた数値が150~169mg/dlだと、やや危険です。自分のでやってみましたが大丈夫でした。悪いコレステロール値を下げるには、食べ過ぎない、適度な運動をする、魚料理特に青魚を食べるといった簡単な方法でした。自分の体は自分で大切に、メンテナンスをしないといけないなと思いました。

事務所でもスタッフ皆さんの健康対策について実行していかなければ、とも思いました。  鶴巻

こちらの関連記事もおすすめです!