仕事が終わって、さあ縁側日記を書こうと書き込み用のサイトにいこうとしたのだが、
自力ではたどり着けず、結局教えてもらいました(これで2度目・・・)。
 う〜む、やっぱりこのコンピューター社会を生き残るには、パソコンをもっと身近な存在として
付き合っていかなければと、ひしひしと感じました。   わくい

こちらの関連記事もおすすめです!