最近、毎日一冊本を読むことを心掛けています。
その中で与えることの大切さを改めて知りました。
愛ある人は与える側に回る。
自分が受け取るより先に、まず、与える側に回ること。
決して、見返りを求めて与えているわけでなく、ただ純粋に「与えること」
に喜びを感じているのです。
与えて相手が喜んでくれれば、実は自分が潤います。
もちろん相手も潤いますが、喜んでくれる姿を見て、こちらも精神的に元気に
なります。
「でも与えることってなんだかわからない」と思ったら
旅行に行ったときにお土産を買ってくる。
ドアを開けてあげる。
誕生日にプレゼントを渡す。
おかしな話しで、与える側のほうが、実は最終的には受け取る側より心が豊かになると言うことです。
与えるということは・・・心を豊かにするために  
渋木

こちらの関連記事もおすすめです!