昨日の日曜日、久しぶりに家具屋さんへ行きました。
むすめが、前から洋服をしまうのにチェストが欲しいと言っていたので一緒に見に行きました。
店員さんは3人で、そのうちのおひとりが、私たちに、つかず離れずという感じの距離でいてくれたのがすごくよかったです。わたしは、あまり必要以上に近くで商品説明をされたり営業されるのが苦手です。
ゆっくり商品を見たいので、声をかけられると帰りたくなります。
実際最初は、チェストを見ていたのですが後半は、並んでいるベッドに次々と寝転んでみたり展示されている高級総桐ダンスを鑑賞したり、マッサージチェアを試したり、ソファにくつろいだりと好き放題でした。すごく迷惑だったと思います。すみませんでした。でも私たちはすごく楽しかったし満足でした。目的のチェストはお目当ての商品が売り切れだったので購入せず、本棚を一つ買って帰りました。
わずかな買い物でしたが、いやな表情もされずホッとできたひとときでした。
また行きたいと思いました。わがままなお客ですみませんでした。
これでもか、というぐらいサービスをして欲しい人もいれば、そっとしておいて欲しい人もいる。
このお客様が商品はもちろん、どんな接客対応を求めているのかということまでも瞬時に判断しそれに応えなければいけない。また、それにお応えでき、お客様に喜んでいただける時は最高なんでしょうけれど。   鶴巻

こちらの関連記事もおすすめです!