ある小売店のバーゲン会場の戦略についての紹介です
バーゲンである商品を売りたいと思ってPOPを強化したもののあまり成果が上がらなかったそうです。
実際のお客様の反応を見てみると、ある程度の欲しい物に目星をつけて来店される方が多く、目的のコーナーに足を運んで買い物を済ませるケースがほとんどだったそうです。
そのため、売りたいコーナーに足を運んでもらい、お客様に意識してもらうことが大事だと考え、誰もが通る入り口の3歩先にそのコーナーを設置したところ、驚くような成果が上がったそうです。
常にお客様の反応を伺い、改善点に気づくことが商売として大切なことだと感じました。
      
                                         吉田 智哉

こちらの関連記事もおすすめです!