5日のこのコーナーで紹介させていただいたエキスパートバンク。
その制度によりアドバイスさせていただいたK様から、うれしいメールをいただきましたのでその一部を紹介いたします。
“あのあと、家族でミーティングをして今後の方針について話し合い、もう一歩みんなでがんばろうという結論がでました。ありがとうございました・・・”という内容であります。
ぜひ、目標設定を行い、その目標に向かって家族一丸となってがんばっていただければと思います。
さて、企業経営では、規模の大小に関係なく一緒に目標を達成していこうという経営理念の共有が大切です。
その経営理念を具体的に実現するには、たとえ数人の企業でもやはり経営計画が必要になります。
昨日読んだ書籍にその経営計画を実現するために次のように書かれていましたので紹介いたします。
経営計画をつくったら、行動計画をつくる。
行動計画は、会社、部門、個人ごとにつくる。
行動計画には「行動目標」をのせるが、その目標は大きく分けて①ビジョンと戦略、②マーケティングの方針、③プロダクションの方針の3つ。
①ビジョンと戦略・・・
「何を」「誰が」「どこに」「どのように」「どのくらい」を考える。
(例)A商品について関東エリアを中心にDM送付、ウェブ開設、メルマガの活用で営業チームが売上5億円以上、利益1億円以上を達成する。その際の広告費は1000万円で10名からなるチームを導入する。
②マーケティング方針・・・
戦略を具体的に数字目標に落とし込む。
(例)関東エリアに10万通のDM送付、毎月10万ページビューの達成、売上の20%を紹介からの販売で達成。40%を既存顧客への販売で達成。
3ヶ月に1度DMの配布先を見直す、効果測定を実施しアクセス層を把握する、顧客満足度調査を実施し満足度を上げる。
③プロダクションの方針・・・
どういう商品を扱い、どういう流通経路でその商品を販売するのか、いくらで売るのか
、その商品の情報をどのようにして顧客に伝え、コミュニケーションをとってといくのかということを具体的にする。

さらに、大事なのが「財務戦略」です。
いったん、「儲かる仕組み」ができてしまえば、企業は急成長し、驚異的に飛躍すること間違いありません。
ぜひ、「仕組みづくり」をはじめましょう。
当事務所では、この「仕組みづくり」を支援させていただいておりますのでお気軽にご相談いただければ幸いです・・・。
話はかわります。
昨日今日と、担当スタッフとともに、旧白根市のお客様企業に出張です。
昨日の昼食は、ラーメン。
8号線沿線の“和歌山ラーメン”でありました。
本日は、どさん子ラーメンを予定。
朝昼晩の3食がラーメンでも飽きないほどのラーメン好きのためであります。

こちらの関連記事もおすすめです!