大きな雨音が聞こえています。
今朝のニュースで九州の大雨の模様が放送されていましたが、道路への冠水、駅構内への浸水など、すぐには信じがたい状況が映し出されていました。
自分が、いざ、その場所にいた場合、どのような判断をし、どのように対処するのか…。

昨今、よく「何年かに一度の」という表現を耳にするようになった氣がします。
もはや、何年かに一度の頻度ではない印象です。

災害への対応もそうですが、日々の仕事においても、以前はこうだったから…などという、過去の体験にしばられたり、思い込みで安易に考えるのではなく、都度、しっかりと考えて行動しなければいけませんね。
                 西丸 保幸

こちらの関連記事もおすすめです!