先日、定期的に参加しているセミナーに行ってきました。講義を聴いたり、ディスカッションをしたりと充実した時間を過ごすことができました。
 
 私のグループの中の方で、ホッピービバレッジ㈱の石渡社長の講演を聴かれた方がおっしゃっていたことを紹介します。
   教育は「共育」である
 石渡社長は高い目標はあるが、その目標と現状では大きな差があり、社員の中では言っていることとやっていることが違いすぎるという人もいたそうです。その時に、石渡社長は自分一人では何もできないし、どうやったらいいかもわからない。だから社員のみんなと共に育ち、育っていきたいと伝えたことから、共育という言葉が生まれたということのようです。
 「共育」とてもすてきなことばです♪
              藤井

こちらの関連記事もおすすめです!