標高634メートルといって思い浮かぶのは、もちろん「弥彦山」ですが、新潟県にはもうひとつ634メートルの山があったのです。4月29日は「粟が岳」の山開きの日でどうしようかと迷いましたが、今回は南魚沼市にある標高634メートルの「坂戸山」に登ってきました。1時間ちょっとで登れる山で、さらにこの時期はカタクリの花が登山道のあちこちに咲き誇り、すばらしかったです。
後で知ったことですが、「坂戸山」はカタクリの群生地で有名な山でした。
 とにかく、天気も良く心癒される時間でした。      星野
 

こちらの関連記事もおすすめです!