先日、あるお店に入ると店員さんがすっと寄ってきて、「ゆっくりご覧になってください」と温かい紅茶をだしてくれました。
その日は、すごく寒かったので紅茶も美味しく、冷えた体が一気に温かくなりましたが、心もとても温かくさせていただきました。
また、その一言で店員さんとの距離も近くなり、その後の会話も弾みました。
カップ一杯の紅茶でしたが、ちょっとした心遣いが与えるお客様への印象はとても大きいということを感じる機会をいただきました。
                                                 吉田 智哉

こちらの関連記事もおすすめです!