昨日のサッカー、日本代表とJリーグ選抜のチャリティーマッチは感動の試合でした!!
結果は2−1で日本代表の勝利でしたが、Jリーグ選抜の1点が本当に大きな1点でした。
私は、また涙ぐんでしまいました。
その1点を決めたのは、チーム最年長44歳、カズこと、三浦知良選手。
カズの試合後のコメントが印象的でした。
 ○本当にみんなの気持ちが1つになったゴールだったと思います。
  サッカー界で力を合わせて、いい形で本当にこれが東北のみなさんに
  届くことを祈っていますし、届いたと思います。
  まだ厳しい状況だと思いますが、みんながついている。
  世界みんなで乗り越えましょう。
実況でも解説していましたが、あの状況下でシュートを決めるのは
トップクラスの選手でも本当に難しいそうです。
 ・一瞬のチャンスを見逃さない経験
 ・チャンスをモノにする技術
 ・カズまでボールを繋いだチームワーク
このどれが欠けてもゴールはできなかったと思います。
また、カズの年齢は44歳。コンディションを維持するための努力は
並大抵のものではないそうです。
そんなカズが決めた1点は、厳しい状況下でもあきらめず立ち向かう
勇気を与えてくれたと思います。
私も頑張ります。
私を支えてくれている周りの人たち感謝しながら。
勝見

こちらの関連記事もおすすめです!