昨日は成人の日。ニュースなどを見ていると各地の新成人がこれからの夢や目標への思いをインタビューに対して語っておられました。

 私も一昨年20歳の誕生日を迎え、燕市の成人式に参加しました。新成人としての決意を胸に、懐かしい友人たちとの再会を楽しんだことを覚えています。また、その後の同窓会では中学生の時の恩師にお会いすることが出来ました。その恩師は、中学校三年間ずっと担任としてお世話になっていた方で、厳しいところもありますが、生徒のことを第一に考えてくださる、本当に生徒思いの優しい先生でした。その恩師に、現在の悩みなどを話したところ、無駄なことなんて絶対にないから後悔をすることなく今やっていることに全力で取り組むべきというお言葉をいただきました。その言葉に救われ、今やるべき事に全力を注ぐ前向きな気持ちになることが出来ました。

 思い返してみると、私はたくさんの方に支えられ、本当に恵まれているなと感じました。これからは、私のことを支えてくださった仲間や恩師に恩返しをすると共に、これからお会いするたくさんの方々に、出会えて良かったと思ってもらえるよう、己の力を磨き、何事にも日々本氣で取り組みたいと思います。
    関野芳樹

こちらの関連記事もおすすめです!