歯医者にて「小林さん、歯のくいしばりすぎじゃない?」と言われました。
言われるまでは全く気づかず、どうも起きているときや寝てるときも無意識のうちに上下の歯に思いっきり力をかけているらしいです。
そうすると歯がかけたり、ひびが入ったりすることで虫歯になる要因になったり、肩こりや頭痛等の様々な悪影響がでてくるとのこと。
防ぐにはどうすればよいのかとお聞きすると、実は上下の歯と歯が少しでもくっついているだけで負荷が相当かかってるので、日中なら基本的に口を閉じているときに上下の歯を合わせたりしない様に意識づけをすることが大事であり、寝てる間は意識することができないのでマウスピースをつけることをすすめられました。
健康な歯を維持していきたいですね…そのためにも少しでもできることをやっていこうと思った小林でした。

小林 伸治

こちらの関連記事もおすすめです!