先日お伺いさせていただいたお客様から、お聞きした言葉です。
「会社の継続は、内部留保が必要不可欠」という言葉がとても印象に残りました。
業績が好調だとついつい余計に経費を使ってしまい、会社の財布のひもが緩んでしまいがちですが、業績が落ちても通常時と同じように経費が使えるように常に内部留保の意識を持つことが大切とのことでした。
経営とは常に先を見据えて行動しなければいけないということを今回のお話しをお聞きして感じさせていただきました。
                                         吉田 智哉

こちらの関連記事もおすすめです!