消費税増税(軽減税率導入)にあたり、この一ヶ月間は、さかんに飲食料品にかかる税率判断の報道が行われておりました。
消費者にも「外食よりテイクアウト」という意識が定着しつつあるのではないかと思います。
そうした中で、10月から間違いなく消費者行動は変化していきますので、外食産業大手はテイクアウトメニューのラインナップを強化したり、宅配サービスを導入したりと、それぞれの「時代の変化にいかに対応していくか」はとても参考になりました。

吉田 智哉

こちらの関連記事もおすすめです!