以下は北陸地方にあるK社で、機械部品小売業の世界では知る人ぞ知る企業の話だそうです。
このK社の業界は厳しい不況の嵐にさらされており、昔のようには売上が上がらない中、このK社は2ケタの成長。
同業他社にすれば、なぜ、このK社製だけがそんなに売れるか不思議でならなかったとか。
このK社だけ特別なものがあるわけではないのに。価格も特別安いわけではないし。
にもかかわらず、K社の店舗は引きも切らずお客様が吸い込まれるように来店。
ある経営コンサルタントが、K社のO社長になぜK社だけが伸びるのかと問いただしたところ、社長はこれといって思い当たるところはありません、の一言。
ある日、K社の近くで早朝勉強会の講師を務めることになったそのコンサルタントを当日ホテルにO社長が迎えに来て、会場への道すがらK社に立ち寄ったときの出来事。
会社の前に車を横付けした社長は、シャッターを開け、真っ暗な店内に向けて、「みなさん、おはようございます」と挨拶。
そして、店内に電気をつけ、商品に向かって声をかけながら歩き始めたとのこと。
「おはよう!今日も期待しているぞ」と言ったかと思うと、隣の商品に「おい、いつまでここにいるつもりだ。ぐずぐずするな、早くお客様のところへ行って働け」と厳しくしかりつけています。
この姿を目にしたそのコンサルタントは、これが成長の秘訣だと感じ、「いったい、いつから商品への声掛けをしているのですか」と問いただしたそうです。
O社長は、次のように答えたそうです。
何年か前に、数店舗の美容院を経営している女性社長の話を聞く機会があり、この女性社長が毎朝4時から店舗を拝んで回っているこしとを知ったそうです。「今日も一日、お客様に喜んでいただけるような仕事ができますように・・・。スタッフみんなが元気でありますように・・・」と毎日欠かさず念じているという話を耳にした瞬間、自分もやってみようと思い立ったんだとのこと。
このO社長の何気ない継続的な実践が業績を押し上げる大きな原動力になっていたのです。
以上は、本日届いたFAX「今週の倫理」からであります。
やはり、全ての物は生きているということですね。
商品に言葉をかけようではありませんか・・・。

こちらの関連記事もおすすめです!