もうすぐ高校野球甲子園のの準決勝、決勝になります。日本文理高校は打撃戦の末、負けてしましたが、その後も全国の強者が熱戦、感動の続く試合をしております。近年は投手に対しての球数制限の導入なども検討することや延長を12回までとしタイブレークに突入することなど、投手の負担を減らす動きが強くなっている一方、一人の大投手では今後勝ち進めなくなりそうです。働き方改革で業務の効率を求めるのと同じく、効率よく打者を打ち取ることが求められています。
                         堀内 勇一

こちらの関連記事もおすすめです!