先日、お客様の5年後の姿を、お客様と共に考える将軍の日に行ってきました。
将軍の日とは「経営を考える」社長の為の一日です。
6月から社長に就任したことをきっかけに、会社の経営理念を明確にし、自社を分析そして、社長が目標を示し、数値計画する。
私にとっても充実した一日でした。
ふっと、その時自分の父を思い出しました。
私の父は、小さい工場の一人社長です(昔は何人かいましたが)。幼い頃から仕事ばかりで、いつも夜9時頃まで仕事をしている仕事好きな父です。今年80歳になりますが現役で仕事をしています。なんと、大型のトラックに荷物を積んで得意先に出かけています。家族はやめてくれと言ってます。でも、強情な父ですので聞くわけがありません。死ぬまで仕事をすると言ってます。幼い頃からそんな父の姿、背中をみて育ったせいもあり、今の仕事を選びました。社長は孤独です。嬉しい言葉をかけてくれる相手がほしい、愚痴を聞いてくれる相手がほしいと思ったからです。父に関しては相談相手にならなかったですが、仕事も、一代で終わりますが、顧問先お客様には是非これから継続発展していだだきたいと思っています。共に成長し考えていきたいからです。
経営を考える場=社長と共に
事務所では、将軍の日を開催しています。是非どなたでも
渋木

こちらの関連記事もおすすめです!