今朝の日経産業新聞28面に「福利厚生は“愛”」という見出しの記事が掲載されています。
デート支援やLOVE休暇、失恋休暇などユニークな福利厚生を取り入れている企業がふえているという内容です。
若手中心の社員のニーズに柔軟に対応しつつ、制度を通じて人材を育成するのがねらいだとか。
たとえば、デート支援金を支給している会社は「コントロールプラス」という会社。
GWの国内旅行に対して東京駅から1㎞離れるごとに100円を支給するという制度。
LOVE休暇制度があるのは「ツナグ・ソリューションズ」という会社。
年1回、恋人や家族などの誕生日にとれる有給。プレゼント代1万円を支給するというもの。
ユニークなのは、「ヒメアンドカンパニー」という会社の失恋休暇。
年1回失恋の時にとれる休暇で、20代前半は1日、20代後半は2日、30歳以上は3日と年齢によって休暇が増えるというのがおもしろいですね。それだけ、失恋から回復する時間がかかるということなのでしょうか。
このユニークな制度にひかれて入社する社員もいるとか。
さて、皆さんの会社ではどんな福利厚生の制度がありますか。
ちなみに、当事務所では、開業当初から、スタッフの誕生日には、ヤマトヤのデコレーションケーキをプレゼントしています。
いくつになっても誕生日はうれしいもの(!?)。記念すべき日に家族で楽しく食べていただきたいという思いで続けています。

こちらの関連記事もおすすめです!