当事務所では、使用済み切手、使用済みプリぺードカード(テレカ)、ベルマーク、
ペットボトルのキャップを集めています。
これは、15周年記念事業について考えていた際、
「地域のために何か私たちにできること」ということで始めたものです。
(ペットボトルのキャップは最近ですが・・・)
使用済み切手、プリペードカード、ペットボトルのキャップは、
地域福祉や施設の建設資金、開発途上国への援助など、
国内外の様々な福祉のために役立てられています。
例えば、ペットボトルのキャップ400個で10円のワクチン代となります。
ポリオワクチンは1人分20円。800個で1人の子どもの命が救えます。
ベルマークは、地域の小学校で役立ててもらっています。
捨てればゴミですが、毎日の生活の中で手軽にできることとして
これからも続けていきたいと思います。
                              山口 幸子

こちらの関連記事もおすすめです!