今日は2月3日(節分)です。そんな節分の由来を調べてみました。
節分は「立春」の前日にあたりますが、立春は暦の上で春が始まる季節のこと。つまり、節分は冬の終わりの日で、翌日から新しい季節が始まる区切りの日となるわけです。

そのため、邪気や悪いものを落として、新しい年に幸運を呼び込むことを目的に、節分という行事が日本各地で行われてきたのです。

改めて意味(由来)を調べることは大切だと思いました。

吉田 智哉

こちらの関連記事もおすすめです!