今日から9月です。
朝晩と涼しく感じるのは私だけでしょうか。
最近、ある本を読みました。
「自助論」です。
自助の精神こそが、人間の成長を助けることを
意味することだそうです。
私たちは、人の助けを受ける前に、まず自助の生き方に徹することが第一で
そうすれば、天(世間)を味方にすることができる。
そのためには、まずどんな仕事でも懸命にやり遂げる努力を重ねること。
そうすることによって、必要な時に必要な人が現れて、思わぬ良き展開があるもの
だから、出会いは、この言葉通り、会うべき人にはタイミング良く会うことができる
そのことは、誰もが後で考えると「まさにそうだった」と気づく
良き出会いを無理に求めて、あれこれ画策することなく、日々の仕事に打ち込めば
それが、良き出会いにつながっていく。
この本を読んで、日々の懸命な生き方こそが
大切だということを感じました。
渋木

こちらの関連記事もおすすめです!