今日4日は、立春。
とはいえ、今朝は新潟市を中心に大雪のようです。
現在新潟駅を中心に在来線が不通に。
通勤通学の足がストップ状態です。
1月30日のこのコーナーでも書かせていただいたことと重なることですが、一昨日の坂本光司先生(“日本でいちばん大切にしたい会社”の著者)の講演の骨子をお伝えいたします。
先生曰く、「本当の企業経営とは、“5人に対する使命と責任を果たすための活動のこと”であると定義し、使命と責任は“幸福の追求”“幸福の実現”である」と。
その5人とは、
1.社員とその家族
2.社外社員(下請け・協力会社の社員)とその家族
3.現在顧客と未来顧客
4.地域住民、とりわけ障害者や高齢者
5.株主・出資者・関係機関
坂本先生は、極論すれは株主はどうでもいい、社員が自分の所属する会社や組織に愛社精神をもって本当に働きがいのある仕事ができれば、顧客に対して最高のサービスを提供でき、ひいては利益が上がり株主にも還元されるから、というような意味の解説をされておられました。
これが、株主や顧客より社員という理由であります。
まさに、同感であります。
さらに、坂本先生は、経営者の主たる使命と責任として次の8項目を掲げています。
1.目的を示す
2.目標を示す
3.問題を示す
4.問題解決のための良い環境を創る
5.人財とりわけ後継者を発掘し育てる
6.社員を守る
7.決断をする
8.責任をとる
次の5つの言い訳をしないとも。
1.景気や政策が悪い
2.業種・業態が悪い
3.規模が小さい
4.ロケーションが悪い
5.大企業・大型店が悪い
この企業に学べとということで、「沖縄教員出版」「ライブレボリューション」「エーワン精密」その他いくつかの企業を紹介していただいた次第。
不況を業績の悪い理由にするのは他責。
自社がいかに進むかがすべて。
大いに学ばせていただいた次第です。
◆◆◆◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆◆◆◆◆◆◆◆◆
≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

こちらの関連記事もおすすめです!