私今日生まれたの。
一分一秒のくるいもなく、今日誕生しました。
すこしでもずれていたら、今頃 健康だったかもしれない。
今の人生をおくるには、一分一秒のくるいもなく生まれてこなければいけなかったの。
けっこうこれってむずかしいだよ。
12月の28日、私の大好きで大切で幸せな日、
今日生まれてきて大成功。Snowに生まれてきて、これまた大成功。
これは、私の大好きなかっこちゃんこと山元加津子さんが出逢った雪絵ちゃんの書いた「誕生日」という詩です。雪絵ちゃんは、多発性硬化症という病気を持っていました。
でも雪絵ちゃんは、
「MS(多発性硬化症)になったからこそ気がつけたことがいっぱいあるよ。もしMSでなかったらその素敵なことに気がつけなかったと思う。わたしは、気がついている自分が好きだからMSでよかった」といいます。
雪絵ちゃんの残したことばには、
「障がいとか病気にはみんな意味があること」「みんなが違って大切な存在なんだ」ということや
「みんなが自分のことを大好きになって」「すべてのことにありがとうって感謝したい」って思いが
いっぱい詰まっています。
雪絵ちゃんにたくさんのこと、学びました。                   山口 幸子

こちらの関連記事もおすすめです!