事業承継計画の策定・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

中小企業経営の最大の課題は事業承継ではないでしょうか。

最近ご縁をいただいたお客様からのこの事業承継について相談をいただいております。

人間には寿命があり創業社長が永遠に事業を継続できることはできません。

ある時点で、経営権の引き継ぎを行わなければ企業の維持発展はないというもの。

事業承継の際はオーナーの自社株の承継の仕方も課題の一つです。

自社株の承継方法は、一般的には次の4つが考えられます。

1.オーナーからの株式買取
2.生前贈与
3.遺言による相続
4.相続が開始した際に相続人間での遺産分割協議にゆだねる

上記の4つはいずれもメリット・デメリットがありますので、ケースバイケースで慎重に使い分ける事が重要となります。

いずれにしても、会社を安定的に経営するには50%超の株式を承継しなければなりません。

後継者の選任や育成を含めて計画的に行いたいものですね。

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま~~す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamanobo-zeirishi.jp/mt/mt-tb.cgi/5415

コメントする