非上場株式の類似業種比準方式の見直しが4月28日付けで・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

非上場株式の類似業種比準方式の見直し等が平成29年度税制改正大綱に盛り込まれ、これを受けて国税庁は、「財産評価基本通達」の一部改正(案)についてパブリックコメントを3月30日まで実施しておりました。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=410290003

その結果、今週の15日(月)の夜、次のような資産課課税情報として公表されました。

その情報がアップされたのは平成29年4月28日。

平成29年1月1日にさかのぼっての適用です。

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/sisan/hyoka/kaisei/170515/01.htm

当初の案通りのようです。


改正の内容は・・・

類似業種比準方式は、
(1)類似業種の株価 → 2年間平均を選択可能に。
(2)類似業種の配当金額、利益金額及び簿価純資産価額 → 連結会計上の数字に見直し。
(3) 配当金額、利益金額及び簿価純資産価額の比重 → 現行の1:3:1から1:1:1に見直し。
(4)会社規模の判定基準の見直し 

総じて、従来の方法より評価金額が下がると考えられますが、上がる場合も考えられるようです。


いずれにしても、平成29年1月1日以後の相続等により取得した財産の表に適用されますので、ご注意を!!!


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま~~す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yamanobo-zeirishi.jp/mt/mt-tb.cgi/6652

コメントする