昨日、経営革新の承認申請を当事務所では積極的に支援させていただいている旨の内容を書かせていただきましたが、一言書き忘れたことがありましたので・・・。
先日、当事務所のお客様で昨年暮れにこの経営革新の承認申請を取得した企業の社長さんより、「このたび、国民生活金融公庫より満額の融資を受けることができました。金利も経営革新計画承認企業と言うことで特別金利で低利でした。審査も数日という早さで。」と。この経営革新をすすめた当事務所としても本当にうれしい限りでした。
この承認を得るために中小企業診断士のN先生からもご指導いただきながら5年後のあるべき姿と具体的な行動計画を作成できたことで、今後の経営もやりがいを持って実施できているのがなによりです。
話は変わります。
今日・明日は、当事務所主催での社長夫人革新講座基礎編、第3講4講の開催です。 講師は、九州福岡の株式会社アローフィールドの矢野千寿先生です。
この講座に参加いただいているお客様企業の社長さんが、その会社のホームページ内のブログで、
・・・お正月休みには、家内と二人で、株式会社○○が今後どうやったら良くなって行くかと言う目標について考える機会がありました・・・という記述がありました。
これは、前回の革新講座基礎編での宿題で、自分の会社の経営体質における「目標」「現状」「問題点」を質問形式でレポート5枚に作成するものがあり、自社の体質をじっく見つめ直す機会を与えていただいたことがあったからとかかれておりました。
今回の講座が、自社の経営を改まって見つめ直すきっかけになったことは当事務所としても本当にうれしい限りです。
講座参加の皆さん、今日・明日と2日間よろしくお願いいたします。

こちらの関連記事もおすすめです!