ついに、新型インフルエンザ国内感染が4人に確認されました。
時間の問題とされていましたが、いざ、ニュースを目の当たりにすると個々での対応の必要性が必至の状況です。
感染予防の対策はそれぞれ家庭のみならかず、企業活動においても社員の健康と安全を確保することが不可欠であることは言うまでもないことです。
万が一のパンデミックの際の「行動マニュアルの策定と行動訓練」の必要性が問われています。
また、企業経営者は従業員間等の感染拡大を防止する意識を高めるため、事前に次のような措置を講じることが求められています。
①手洗いの励行。
②従業員等に感染予防策や健康状態の自己把握に努めるよう、健康教育を行う。
③従業員等の海外渡航に係る情報について把握する仕組みを構築する。
④次のような感染拡大防止のための業務形態を検討しておく。
 ・在宅勤務で可能な業務の有無
 ・対面による会議を避け、電話会議やビデオ会議の利用
 ・ラッシュ時の通勤及び、公共交通機関の利用の回避
このたび、当事務所のお客様企業より、新型ウイルスに最も効果的な「モチガセの抗ウイルスマスク」を、他では品切れ等が続出しているにもかかわらず優先的に斡旋できるとの申し出がありました。
それも安価で。
マスコミ等でも話題のお薦めのマスクです(5月1日のTBS「総力報道!THE NEWS」で紹介されたとのこと)。
このマスクは、普通のマスクや99%カットする花粉対策マスクとは違って、マスクについたウイルスを死滅させる効果があるというもの。
安全なカルシウムとマグネシウムの素材でできた「ドロマイト」という天然鉱物が使われていて、1分間にインフルエンザウィルスを99.999%撃退。
そして、ウイルスの吸い込みを10万分の1にまで抑えられるとのこと。
最も効果的なマスクで、自衛隊や都市銀行等をはじめとカル大手上場企業等が大量発注したど。
現在品薄状態ですが、ご厚意で優先的にお分けいただけるとのことです(当事務所内に、一定数量預からせていただいております)。
http://www.mochigase.co.jp/dd.aspx?menuid=1
備蓄用に一定数量確保しておきたいものの一つですね。
保存は5年間オーケーとのこと。
当事務所では、全スタッフの家族人数の数十日分を配布させていただいたところです。
この秋には、最も脅威な鳥インフルエンザが発生するかもしれないという話もマスコミで流れています。
いざというときの対応を今から行うことは、企業経営者が行うべき事柄の一つであります。
お客様企業には、今月の「みどり通信」と一緒に案内を同封させていただきましたが、
問い合わせは、当事務所担当スタッフまでご連絡いただければ幸いです。
◎●◎このブログを書く励みになりますので、是非・是非ご協力ください◎●◎
≪ブログランキングに参加していま〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑のマークを1日1回クリックを!!≫
banner_04.gif

こちらの関連記事もおすすめです!