1.自らの会社を知らずして経営はできない!
2.社員を動かすのは人が以上に社長の姿勢!
3.前向きな数値なくして事業は考えられない!
本日、当事務所のお客様企業の社長様を迎えて、朝10時から夕方6時までのまる1日を使って経営を考えるセミナーを実施した際に強調された経営の要素です。
次は、IBM再興の立役者、 ルイス・ガースナーの有名な言葉です。
「そもそも悲観論者のために仕事をしたいと思う人がいるだろうか。」
まさにその通りでありますね!
ということで、 電話も無い、来客も無い研修室で、頭を空っぽにして自社の未来について考える1日セミナーを実施いたしました。
まず最初に、自社分析。
自社の強みと弱みを明らかにします。
続いて、自社の経営理念・経営目標について考える時間。
会社が目指すべき姿をイメージしながら。
その後、5年後にどうなっていたいのか、どうあるべきかという中期目標ビジョンを策定へ。
事業規模や事業領域を見据えての数値計画です。
実際に5カ年の経営計画をつくって、キャッシュフローをシミュレーションすると3年目がなんと資金ショート。
慌てて、その資金ショートを解消すべく数字の再構築を繰り返した次第。
今後5年間の損益(利益が出るか)だけでなく、キャッシュフロー(お金を生み出せるか)の見通しを立てながらの計画であります。
夕方になり、ついに社長様の熱い思いがこもった計画書が完成!
1日かけて策定した経営計画を製本してお渡ししたところです。
T社長様、本当にお疲れ様でした。
T社長様の“よしやるぞという決意”が表情にありありと伺えた瞬間でありました。
皆さんもぜひ、この1日を私たちと共有いたしませんか!!
自社企業の永続発展のために・・・
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   
≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆

こちらの関連記事もおすすめです!