「やってもやっても何もうまくいかない時、諦めてやめてしまうか、更にやり続けるか。あなたならどちらを選ぶでしょうか・・・。」
というのは、昨日の「職場の教養」の書き出し文章です。
歌手の小林幸子さんが、長い不遇の時代に歌手を諦めかけていた時にレコーデングの話が来て、B面の局が決まらず、「どうせ誰も聞かないんだから」と、事務所に放り出されてあった局を選んだそうです。
そのレコーディングはやる気の出ないまま終わったそうですが、そのB面の局が有線でヒットし始めると、今度は会社からキャンペーンの声がかかったとのこと。
最初は、彼女は「行かない」と答えたそうです。これまでのキャンペーンが、どんなに頑張っても無駄だったからだそうですが、「やるだけやって歌手を辞めよう」と出かけ、それが200万枚を超す「おもいで酒」の大ヒットにつながっただとか。
最後の締めくくりに、次のように書かれています。
物事には、すぐには好結果が現れないものもあります。しかし努力を積み重ねてある程度の結果が出ないものは、何一つありません。根気よく努力が続くか続かないか、そこが勝負どころです、と締めくくられいています。
あの「思いで酒」は、「やるだけやって・・・」という前向きの判断がなかったら、ヒットしていなかったということのようです。
成功の秘訣は、成功するまで飽きらめずに続けることだという言葉を、以前聞いたのを思い出したところです。

こちらの関連記事もおすすめです!