「急がば回るな」
これは、石川遼選手の昨年2月のジュニア卒業セレモニーでの最後に石川選手がプロとしての意気込みを一枚の色紙に書いた言葉だそうです。
一般によく知られた格言「急がば回れ(急ぐなら、少し遠回りするほうが結果はかえって良いことが多い)」とは逆に、「あえて遠回りせず、目の前のチャンスをすべてものにする気構えでいきたい。ゆっくりやろうとは思っていません」という決意表明なのだとか。
その心意気のとおり、本日、ミズノオープンよみうりクラシックにて優勝。
特に16番パー5でのチップインイーグルは最高でありました。
「急がば廻るな」の精神で優勝できたのではないでしょうか。
本日の自身のブログ「イソガバ.マワルナ!」にも書いていますが、連続OBのときは頭が真っ白になったが、その後のギャラリーからのドンマイコールに励まされたとのこと。
http://www.ryo-ishikawa.jp/blog/index.php?no=20090628_2&bktf=1
すばらしい精神力ですね。
多くの人々に勇気と自信を与えたのではないのでしょうか・・・。
☆☆☆☆★ブログを書く励みになりますので、
               是非・是非ご協力を☆☆☆☆★
≪ブログランキングに参加していま〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif

こちらの関連記事もおすすめです!