今日8日は、母の日!
西田先生が常に話されている「六方拝」を思い出しました。
次は、西田先生曰の3月16日のブログから。
「今回の地震で皆様が当たり前の様に思っていた“心配の無い日常がとてつもなく有難かった!”と言う事に気付きました。
人間の脳には、有るが故に気づかないもの。
豊かになって忘れてしまったものがあります。
それは、一番大切なものです。
今回の地震が、それら忘れていたものを日本人に気づかせました。
釈迦は我々人間は、生きているのではなく、生かされている事に気づけと言っています。
それが釈迦の“六方拝”です。
東西南北、天と地の六方に感謝しよう、そして本当に大切なものに気づこうと言うものです。
東に向かって命を与えてくれた先祖に感謝!
西に向かって家族に感謝!
南に向かって人生の師に感謝!
北に向かって友人、知人に感謝!
上の天の自然に感謝!
下の地の自然に感謝!
全てに感謝し、生きているのではなく、生かされている事に気づこう!と言うものです。
今回、人間を生かしてくれている自然の“大地”が揺れ地震になりました。
天の空気、大気がなければ我々人間は生きていけません。
地の大地がなければ食物は出来ません。
全てに感謝し、生かされている事に気づきましょう!」

今回の震災で思ったことは、まさに、生かされているということを実感。
本当に両親に、そして先祖に感謝・感謝であります。
すべてに感謝です。
本日、子供が通う中学校のPTA総会があり、3年間にわたったPTA会長の職を終了させていただきました。
子供たちがこの中学校で過ごせて本当によかったと思える学校生活を支援することを主体とし、勉強だけでなく、“感謝”“思いやり”“気づき”“感動”の心を育めるための活動を目指した次第。
特に、子供たちと保護者を対象とした講演会は、感動的だったことを昨日のように記憶しています。
昨年は“てっぺんの大嶋啓介さん”、一昨年は“7年半かけて自伝者で世界一周した石田ゆうすけさん”、その前は“エッセイストの藤田市男さん”・・・・。
いろいろの方々との出逢いや学びがあり、本当に感謝・感謝のひと言です。
支えていただいた多くの皆様本当にありがとうございました。
総会での挨拶の際、思わず目頭が熱くなってしまったほどでありました。
微力ではありましたが、やりたいと思った10数項目はほとんどやらせていただきましたが、やりのこしたことも2.3あったことが悔やまれるところです。
やらせていただき本当によかったというのが今の率直な気持ちです。
先ほど終了した先生方と役員との懇親会の席でまたまた嬉しいことが・・・・。
次は、本日懇親会に参加された先生の1人であるK先生が語られた言葉です。
「子供たちには、部活を通じて、①時間を守る、②場を清める、③挨拶をするの3つをやり抜き、その上で学問を身につけ有用な人材になるような生徒に育てたい・・・」と。
目を輝かせながら話された言葉です。
このK先生は、その8月の大嶋啓介さんの講演会を聞いて感動し、実際に10月、東京・渋谷にある居酒屋てっぺんの朝礼見学に行ってこられたとのこと。
http://www.teppen.info/
この国の未来は明るい・・・と、思った瞬間でありました。
感謝・感謝であります。
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   
≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆

こちらの関連記事もおすすめです!