今年度、働き方改革の一環で、年5日間の年次有給休暇の取得が義務化されました。
今日の「職場の教養」でも有給の効用ということで、社員の有給取得率のアップが、
仕事の効率化の好結果に結びつくようになったとのこと。
ダラダラと仕事をせずに、公私にメリハリをつけて仕事に臨んでこそ、いい仕事ができるのだと思いました。  星野 千香子

こちらの関連記事もおすすめです!